新車にコーティングは必要なのか

新車を買ったけどコーティングをオプションにつけていない方はいませんか。新車購入時に勧められることも多い車のコーティングですが綺麗な状態の新車にコーティングは必要ないとお考えの方や、新車が汚れてからコーティングをすればいいと考える方もいると思います。結論から伝えると新車にコーティングは必要です。コーティングをしていない車は、無防備な状態のため、なるべく早くにコーティングを済ませる事で劣化を防ぎやすくできます。 もしも新車を購入後コーティングをせずにニ週間以上が経過すると走行中などで付く細かい傷が増え、汚れが付きやすくなるリスクも出てきます。なので今回は新車にコーティングするメリットと新車にコーティングが必要な場合と不必要な場合に分けて説明いたします。

新車にコーティングするメリット

新車にコーティングするメリットは三つあります。
一つ目は、汚れが落ちやすくなり、日常のお手入れが楽になることです。ボディコーティングをすることで、汚れ落ちや水や雨を弾く力が向上するので、日常のお手入れがとても楽になります。また、付着した汚れも簡単に落とせるので洗車の手間や洗車の頻度を減らすことも可能です。
二つ目は、塗装面の光沢が増すことです。車を購入した直後は、光沢があって綺麗だと思っていても日が経つにつれ光沢が鈍くなってしまいます。車のコーティングでは被膜が厚いので、塗装前と後では圧倒的に光沢が変わります。
三つ目は、車の売却時の査定額が上がる事です。車の売却時の査定額は外装の状態が大きく関係します。もちろん車種や車のカラーによって変わってきますが、年式や走行距離の条件等が同じ場合は、外装の光沢などの状態によって売却時の査定額が数十万円以上の差が出ることもあります。

新車にコーティングが必要な場合

新車にコーティングが必要な人は、車を綺麗に維持したいと考える方です。新車のコーティングが必要な場合としては、コーティング後に洗車をする方は必要と言えます。新車にコーティングをすることで、塗装面に付着した汚れが落ちやすくなり洗車等のお手入れが楽になります。また、コーティングをしておくことで、光沢や輝いが増し新車以上の光沢が手に入ります。車の美観を求める方、コーティング後に洗車などのメンテナンスがしっかり出来る方にはコーティングは必要と言えます。

新車にコーティングが不必要な場合

新車にコーティングが不必要な方は、車のコーティング後に洗車を殆どしない方はコーティングが必要でないと言えます。車のコーティングをした後でも汚れは付着します。その汚れが付着したまま洗車をせず一ヶ月以上の長期間放置していると、雨の汚れ等がコーティングの被膜に付いてしまって取れなくなってしまいます。汚れが取れにくくなると、もう一度コーティングをしなければ綺麗にならないため、洗車をしない方にはコーティングは必要ないと言えます。また、車に対して移動手段として捉えていて見栄を気にしない方にもコーティングは必要ないと言えます。

まとめ

ボディコーティングを行うことで、塗装面がダメージに強くなってお手入れが楽になるだけでなく、美しく光沢のでるボディを長く保てるようになります。ボディコーティングは車を購入後ならいつでも可能ですが、手間やコストを考えると、傷や汚れが付いていない新車の状態が最適なタイミングと言えます。新車にコーティングをかけるべきかどうかは、車に対してどのような価値観を持っているかによって変わってきます。
車のコーティングが必要な方は愛車を綺麗に美しく保ちたいと考えており、コーティング後の洗車などのメンテナンスのお手入れがしっかりとできる人はコーティングが必要と言えます。車のコーティングは愛車を新車のような状態に維持することや洗車を楽にするための手段であり、これらの効果を期待しないのであればコーティングは不要とも言えます。