ボディコーティングとワックスの違い

車のボディを綺麗にしたいと思った際に、ボディコーティングとワックスのどちらを選べば良いのか迷った方はいませんか。ボディを綺麗にするのだから、ボディコーティングとワックス同じなんじゃないの、とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。しかし、ボディコーティングとワックスは違うと線引きされています。そこで今回は、ボディコーティングとワックスの違いと特徴について説明いたします。

なぜボディコーティングやワックスが必要なのか

ボディコーティングとワックスの違いの前に、なぜボディコーティングやワックスが必要なのか説明いたします。コーティングやワックスの目的は同じで、車の塗装面を守ることにあります。そのため、両者とも以下のような効果があります。

  • 車のボディにツヤが出て、新車のような輝きを保てる
  • 高い撥水性

このような効果があるため、車の外観を綺麗に維持したい場合は必要です。

ボディコーティングの特徴

ボディコーティングについて詳しくわからない方もいると思いますので、ボディコーティングとコーティング剤の種類について説明いたします。
ボディコーティングとは、車のボディの表面に硬く薄い保護層を作ることです。ボディコーティングをする際のコーティング剤は、大きく分類すると撥水型と親水型の二種類に分かれています。

撥水型
元々は親水型のポリマーコーティングが主流でしたが、現在は撥水型のガラス繊維が主流となっています。撥水型のメリットは車の光沢が強く綺麗な外観に仕上げる事ができる点です。デメリットは雨などのしみができやすいという点です。

親水型
親水型のメリットは雨が流れやすくなるので雨などのシミはできません。しかしこまめに拭き上げをしないと水アカができる点がデメリットです。

ボディコーティングをする事で

  • 車のツヤが出て綺麗な塗装面をキープできる
  • 汚れが取れやすくなり洗車が楽になる
  • 持続性が長い
  • 売却時の査定が上がりやすい

などの効果があります。
コーティングは、ワックスと比べると保護層が長く持続するものも多く、熱や紫外線などにも強いことなどがボディコーティングの特徴といえます。

ワックスの特徴

コーティングとワックスは似ているようで少し違います。ワックスの特徴は、油が水を弾く性質を利用していて、ツヤが得られますが車のボディーを傷から守る効果はありません。またワックスはコーティングと比較すると効果の持続期間が短く、天候や車の使用状況ではさらに短くなる事がデメリットです。ワックスのメリットは、自分で簡単に塗れてツヤを出せることです。車好きな人や、洗車好きな人が使うと車のメンテナンスを自分でおこなえるのがいい点です。

車のボディコーティングとワックスどちらがいいのか

ボディコーティングとワックスの違いは、ボディコーティングは汚れと傷の両方から車を守り、汚れた場合も水で流すだけで汚れが落ち、洗車にかける時間や手間を減らすことができます。ワックスは、車を傷から守ることはできませんが、頻繁に車のメンテナンスをする事が、車好きな人には向いていると言えます。ボディコーティングとワックス。どちらがいいのかは、車に対する気持ち次第と言えます。なので、ボディコーティングとワックスで迷った場合、自分の愛車への向き合い方でベストな選択をしてください。今回はボディコーティングとワックスの違いについて説明しました。今後も自慢の愛車に長く乗り続けるために、車のメンテナンスをして最高のカーライフを送りましょう。