カーコーティングを施工すれば、何もメンテナスをしなくてもいいと思っている方はいませんか。
確かに、車体についた汚れは落ちやすくなっていますが、それでもコーティング上に汚れはついてしまいます。
せっかく綺麗にした愛車を、メンテナンスせずに汚してしまうのは勿体無いですよね。
そこで今回は、カーコーティング後のメンテナンスの1つである、洗車方法を紹介します。

そもそも洗車は必要なのか

結論から言うと、カーコーティング後でも洗車は必要になります。
カーコーティングは、汚れをつきにくくする効果がありますが、全く汚れないと言うわけではありません。
また、汚れを長期間放置してしまうと、コーティングの劣化を早めてしまいます。
コーティングが劣化してしまうと、洗車した時の汚れの落ちが悪くなってしまい、車体の光沢も失われてしまいます。
このように、コーティング効果を長持ちさせるためにも、定期的に洗車することが必要不可欠です。

コーティング車の正しい洗車方法

洗車にもいろいろ種類がありますが、やり方によっては劣化を早めてしまうことがあります。
そこで、カーコーティング後に適した洗車方法をご紹介します。

最も適した洗車方法は、洗剤をつけずに手洗いをすることです。
コーティングのおかげで汚れが滑りやすくなっているため、水洗いのみで汚れは十分に落ちます。
カーコーティングをすることで、洗車がとても楽になりますよね。

また、洗車が終わったら、しっかり拭きあげることも忘れないようにしてください。
水道水には、カルキや塩素、カルシウムなど様々な成分が含まれているため、乾いた時にシミができやすくなります。

以上が、コーティング車の基本的な正しい洗車方法です。

コーティング車にしない方がいい洗車方法

先ほどは、コーティング車の正しい洗車方法を紹介しましたが、逆にしない方がいい洗車方法もあります。

1つ目は、洗車機での洗車です。
洗車機のブラシが、地面にある小石や汚れを巻き込み、コーティング被膜が傷つくリスクがあります。
できる限り、手洗いで洗車することをオススメします。

2つ目は、研磨剤入りの洗剤を使うことです。
洗剤に研磨剤が入っていると、コーティング被膜が傷つくリスクがあります。
洗剤を購入する際は、内容物を確認するようにしましょう。

以上が、しない方がいい洗車方法です。
愛車のコーティング期間を長くするためにも、この2つはきちんと守って洗車したいですね。

正しい洗車で、愛車の綺麗さを持続させましょう

今回は、カーコーティング後の洗車方法を紹介しました。
カーコーティングをすることで、こんなにも洗車が楽になるなんて嬉しいですよね。
また、しない方がいい洗車方法も知っておくことで、コーティング被膜を傷つけるリスクを減らすことができます。
定期的に愛車を洗車し、コーティングの劣化を防ぎ、光沢を維持していきましょう。