冬本番前にボディコーティングを

最近は、気温もグンと下がり冬が近づいてきている予感がしますね
冬は空気も澄んでいて、乾燥しているため、車体に汚れが付きにくいイメージはありませんか?
汚れがつきにくそうだから、ボディコーティングはしなくてもいいかなと思う方もいるかもしれませんが、
実は冬も汚れがつきやすい季節のため、ボディコーティングをした方がいいのです。
そこで今回は、冬でもボディコーティングが必要な理由をご紹介します。

冬に車が汚れる原因

先ほどお伝えしたように、冬は汚れがつきやすい季節です。
また、汚れのつき方も他の季節とは異なります。
では、何が原因で汚れてしまうのでしょうか。

砂ぼこり

砂ぼこりは1年中ありますが、湿気の多い季節はほこりが水分を含んで重くなるため、宙に浮きにくいです。
それに比べて、冬は空気が乾燥しているためほこりが宙に浮きやすく、車体にくっつきやすくなります。

雪・霜

雪や霜には、空気中の汚れが含まれているため、汚れが車体に張り付いているのと同じ状態になります。

凍結防止剤

凍結防止剤の主成分は塩化カルシウムです。
道路が凍結しないように、まかれていることがありますが、凍結防止剤がタイヤにはじかれて、車体につくと錆などの原因になってしまいます。

これらが、冬特有の汚れる原因になります。

汚れる前にボディコーティング

先ほどご紹介したように、冬も車体が汚れる様々な原因があります。
また、冬は天候が不安定なため、愛車を常に綺麗にしておこうと思うと、定期的な洗車やワックスがけが必要になります。
高頻度で洗車をするのはなかなか難しいのではないでしょうか。

そんな時は汚れてしまう前に、プロにボディコーティングをお願いするのもいいと思います。
ボディコーティングをすることで、汚れや傷の原因から車を守ってくれたり、車体に光沢も出て、魅力度もアップすること間違いなしです。
また、洗車の頻度が減るのもいいポイントですね。

まとめ

今回は、冬でもボディコーティングが必要な理由をご紹介しました。
思っていたよりも、冬も車体が汚れてしまうんですね。
冬が本格的に始まる前にボディコーティングをして、汚れや傷の対策をしておきましょう。